キャッシングを利用する時には、まず審査を受けてから、利用限度額を決定します。審査は顧客の年収、勤務先、勤続年数、過去のキャッシング利用歴などに基づいて行われ、それから限度額を決めます。キャッシング初心者の場合、返済実績がありませんので、限度額は50万円がスタンダードな数字になります。借り入れ上限額以下ならば、限度額以下の借り入れを、何度でも申し込むことができます。キャッシング枠を広げて、1度にもっとたくさんお金を借りたいと考えている方もいます。何をすれば、キャッシング限度額を引き上げることができるのでしょうか。いくつかの前提がありますが、キャッシング限度額を増やすことは可能です。キャッシング会社からの信用が高くなれば、キャッシング限度額はアップしてもらえます。積極的に融資を受けて、借りたお金には利息をちゃんと上乗せして返済する客が、キャッシング会社にとっての上客であり、信用を得るコツです。まずはコツコツと借り、コツコツと返して、キャッシング会社とよい関係を築きながら、限度額を増やしてくれるよう交渉します。限度額を増やすことについて、信用の高い顧客については、キャッシング会社側から話を持ってきたりもするようです。総量規制の縛りがあるので、キャッシング会社の限度額は各社合計で年収の3分の1までになりますが、銀行や信用金庫なら総量規制の制約なしに融資が受けられます。