キャッシング枠とは、幾らまでの借り入れができるかということで、最初の時点で決まります。キャッシングとは、最初に決めた枠の範囲内であれば、何回で融資を受け直すことができるものです。申込時の希望や、審査の内容に基づいて、最初にキャッシング会社が枠を決めます。審査の結果と、申込時の希望からキャッシング枠を決めるため、希望どおりになるとは限りません。総量規制という法律があるために、キャッシング枠は、他社も含めた合計が、年収の三分一以下に抑えられます。別な金融会社で大口のキャッシング枠があれば、次に融資を受ける金融会社からはほとんど借りられないかもしれません。別のキャッシング会社から、年収の3分の1までの借入額をもらっていれば、それ以上は審査に通りません。銀行や、信用金庫の融資は総量規制の対象外になっていますので、総量規制いっぱいの人は、金融機関に申し込みましょう。審査の結果に基づいて、信用があると判断された人ほど、キャッシング枠が大きくなります。キャッシング枠を大きく持ちたいと望んでも、審査の結果次第では希望は通らないでしょう。もしも、キャッシング枠を得ることを優先して考えるなら、最初から高額の融資を求めず、希望額を少なめにすることです。希望する金額より、小さいキャッシング枠しか適用されないために、金融会社の審査で断られたりもします。